頭皮の血行促進にはブラッシングが良い?

ブラッシング

毎日ブラッシングを行っている人は多いと思いますが、ブラッシングが髪や頭皮にとても良いことを知っていましたか?
ブラッシングには頭皮の血行促進を促すマッサージ効果があります。
血行が良くなると、髪を作り成長させる毛母細胞を活性化させ、発毛や育毛の働きを良くしてくれるのです。

さらに、ブラッシングをすることによって、髪の表面についた埃や汚れを落としてくれるので、キューティクルを保ちツヤのある髪になります。

ですが、ブラッシングも正しいやり方ではないと頭皮や髪を傷めてしまう恐れがあり、薄毛や抜け毛の原因へ繋がってしまうため、いくつか注意が必要です。

まず、使うブラシはプラスチックや金属のものは避けて、天然素材のブラシを使いましょう。
プラスチックや金属などの硬いブラシだと、摩擦で頭皮を傷つけてしまうので柔らかい天然素材を使うことで摩擦を軽減できます。
形状にも気を使い、先端が丸くなっているものを使うとさらに頭皮に負担をかけなくて済みます。

また、目があらいブラシだと髪が絡まる心配がないので、ブラシを選ぶ時は目があらい物がおすすめです。

続いてブラッシングのやり方をご紹介します。
まず、頭頂部にブラシを当て、頭皮に軽く押しつけるようにそのまま下へ向かい、頭皮から毛先までゆっくりととかしてください。
強い力にならないように、優しくゆっくりと毛が絡まないように気を付けながらブラッシングするのがコツです。
早い動作だと、髪表面のキューティクルを剥がしてしまい髪を傷めてしまいます。
また、髪の毛は濡れていると非常に痛みやすいので、完全に乾いてる状態で1日1回、2分を目安にブラッシングをすることをオススメします。

ちなみに、ブラシで頭皮を叩くというマッサージ方法がありますが、逆に頭皮を傷めて細胞を破壊してしまう恐れがあるので注意が必要です。
毎日ブラッシングを欠かさず行い、綺麗で健康な髪と頭皮を維持しましょう。

ページ上部へ戻る