頭皮の洗いすぎは逆に良くない?

シャンプーのし過ぎ

髪の毛が薄くなってきたとか細くなりボリュームがなくなってきたなど髪の毛に関する悩みは年齢とともに多くなってきます。
改善をするために、育毛剤を使ったり、育毛シャンプーでケアを始める人も多いですが、やりすぎると逆に状況が悪化してしまいます。

最近では、育毛に効果的な成分が含まれている育毛剤やシャンプーなどたくさん出回っていますが、使い方を間違えてしまうと効果がありません。
特に育毛シャンプーですが、実は頭を洗いすぎてしまうと禿げてしまうといわれています。

一般的に、薄毛にならないために「清潔にする」ことが第一と言われていますが、ただ洗いすぎてしまうと皮脂不足になってしまいます。
これによって、皮脂を多く分泌しないといけない・・・と判断してしまうので、逆にべたつきが酷くなる可能性があります。

べたべたな状態のままにしておくと、毛穴に汚れが詰まってしまいます。
結果、清潔にしていたのにも関わらず汚い状態になるのです。

では、実際に何回くらいが理想的な回数なのでしょうか。
それは、一日に一回がいいと言われています。
この回数は、成分がよく育毛に効果的だとわかっていても、一回に抑えておきましょう。
髪の毛にいい成分が入っていると、どうしても何度も使ってしまうことがあります。
薄毛の人は特に、状態が悪化する可能性があるので避けた方がいいでしょう。

今は、時代の変化や利便性が高くなったこともあり、いつでもお風呂に入ることができます。
これによって、汗をかいたあとはもちろんのこと朝、晩と二回お風呂に入るというのが普通の時代となっています。
昔は、1週間に1回入れば清潔と言われていたので、現状入りすぎなのかもしれません。

育毛グッズはたくさんあり、どれが効果的なのか・・・迷うことがあります。
サプリメント、育毛剤などは毎日使い続けることで効果を得ることができます。
しかし、育毛シャンプーに関しては毎日使わない、頻度を高くしないことが重要になります。

せっかく効果の出る育毛グッズも認識や知識の違いによって、効果を得ることができなくなってしまいますので、注意しましょう。

ページ上部へ戻る