頭皮の汚れは喫煙なども原因になる

煙草といえば、体に良くないイメージがありますよね。
喫煙は、体だけではなく頭皮にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。

まず、煙草によって頭が臭いと思う時がありませんでしょうか。
しかし、それは髪の表面に直接煙草の臭いがついただけで、頭皮に臭いは付着していません。
これだけでは、たばこが頭皮に悪影響だとはいえませんね。

ですが、煙草を吸う事によってニコチンが血管を収縮させてしまう恐れがあります。
血管が収縮すると、血流低下の影響で血圧が上がってしまい、髪を作り成長させる毛母細胞に血液が回りにくくなってしまいます。
結果、髪の育毛や養毛促進を悪くさせ、薄毛や抜け毛になります。
また、煙草の灰が頭皮の毛穴につまったりすると、皮脂を過剰分泌させてしまい、薄毛や抜け毛を悪化させてしまうのです。

さらに、煙草はビタミンを破壊してしまいます。
ビタミンは頭皮の新陳代謝を活性化させる栄養素として、とても大切な栄養素であり、これが壊されると髪のトラブルを引き起こす原因になってしまいます。

また、血管が細くなっている影響で栄養が行き渡らないこと以外に、酸素も行き渡りにくくなっているため、新陳代謝の落ちた頭皮が臭くなってしまう原因を招いてしまうこともあります。

このことから、喫煙は頭皮にも大きな悪影響を及ぼしていると考えられます。
抜け毛や薄毛、頭皮の臭いが気になる方は、禁煙を心掛けることで頭皮のトラブルを減少することができるかもしれません。
また、毎日シャンプーで髪を洗い、頭皮や髪についた汚れを落とすことも髪の毛にとって大切なことです。

ページ上部へ戻る