頭皮の毛穴が詰まると薄毛の原因になるって本当?

頭皮の毛穴

髪の毛は、毛根にある毛母細胞のよって作られ成長しています。
しかし、この毛穴が頭皮の皮脂や、汚れによって塞がると髪の毛に大きなダメージがかかってしまいます。

一般的に薄毛体質の人は皮脂が多く分泌される傾向があり、男性ホルモンの影響が強くあり、加齢と共に顔や頭皮に皮脂が目立ってしまいます。
そもそも、皮脂は皮膚の乾燥や外部の刺激を保護する役割をもっている物質です。
薄毛体質の人は過剰に皮脂が分泌され、毛穴が詰まってしまうことが薄毛の悪影響を強くしてしまします。

まず、皮脂が過剰に分泌される原因は、薄毛の原因とされる脱毛男性ホルモンジヒドロテストロンの影響で、頭皮そのものが突っ張ってしまうことで起きてしまう現象なのです。
皮膚は引っ張ると光を反射しやすくなります。
薄毛が進行すると頭皮の引っ張りにより、皮膚の柔軟性が失われて硬化を始めます。
そうなると薄毛はさらに進行して頭皮は無防備な状態になり、体が自衛反応として皮脂を過剰に分泌させてしまうのです。
ですから、薄毛を抑えるためにも頭皮は清潔にすることが欠かせないのです。

まず、毛穴の汚れを取り除くことに効果的なのは、やはり洗髪です。
実際、髪を洗う時はシャンプーを使わなくても、頭皮についた汚れはだいたい水で落ちます。
強いシャワーで流すだけでも頭皮についた汚れは十分に落とすことは可能です。
その時に、頭皮をしっかりマッサージすると、頭皮が柔らかくなって毛穴に詰まった老廃物を流しやすくできるのでおすすめです。
同時に頭皮の血行促進にも繋がり、髪の成長を促してくれます。
マッサージの時、頭皮に爪を立てないように気を付け、指で優しく揉みほぐすようにしてください。

また、シャンプーの選び方として、基本的に中性・弱酸性のシャンプーをおすすめします。
洗浄力の強いシャンプーを使い、必要な皮脂を取ってしまうことで、逆に皮脂の過剰分泌を起こしてしまう可能性があります。

髪にやさしく界面活性剤の入っていないシャンプーを使い、ヘッドマッサージで毛穴の詰まりをなくし、しっかり薄毛対策をしましょう。

ページ上部へ戻る