薄毛のことをあまり気にし過ぎると薄毛が加速する!?

薄毛を気にする

歳を重ねていくことで、少しずつ頭皮の肌色の面積が増えていってしまい、それで頭を抱えている方も多いでしょう。
まだ薄毛の年齢でない20代前後の方は、まだ髪の毛のことであまり悩んでいないかもしれませんし、将来の自身が薄毛になるなんてあまり考えていないかもしれません。
しかし、薄毛の問題は中年層の悩みだけでなく、若い世代の方にも及んでいることはご存知ですか?
その代表例として挙げられるのが、ストレスからくる脱毛症です。

体力的な疲れや精神的な疲れをそのままにしていたり、暴飲暴食、睡眠不足など、人間の基本から外れた生活をしている人の多くはストレスを多く抱えています。
そしてそのストレスが活性酸素を生み出し、体にありとあらゆる悪いことが起きることがあるのです。
もともと活性酸素にも良い役割があるのですが、体内に必要以上に増えてしまうことで体調を崩しやすい体になってしまいます。

薄毛もまた、活性酸素によって引き起こされる症状の一つで、活性酸素が毛を作る細胞の働きを弱めたり、メラニン色素を作らせにくくするなどの悪さを働きます。

これを食い止めるためにはストレスを解消させることが大事なのですが、ストレスを解消させているつもりなのに薄毛がなかなか治まらない!ということがあるかもしれません。
実は、人の目を気にし過ぎると、知らぬ間にストレスを感じてしまうことがあるのです。これにより、いくらストレスを解消させているつもりでも、返って次々にストレスを感じてしまいやすくなるのです。

頭皮の薄毛を気にし過ぎないようにするためにも、まずは生活習慣を整えて、正確な頭皮ケアを行うようにしましょう。
育毛をすることによって徐々に自信が持てるようになり、薄毛も気になりにくくなるのです。

ページ上部へ戻る