海水浴などによる頭皮や髪への刺激に注意

真夏は海やプールの季節でもあるため非常に楽しみも増えてきます。
仲間や家族で海やプールに出掛けることで楽しい想い出もたくさん増えるでしょう。
しかし、薄毛の方にとって海やプールは、薄毛を進行させてしまう危険性を兼ね備えている場所でもあるのです。

■海が危険な理由

まず、何故海が薄毛にとって危険なのかと言うと、一つ目に強い日差しからの紫外線があります。
帽子などで頭皮を守っていない場合、一番遮るものがない頭皮に向かって大量の紫外線が降り注ぎます。
紫外線が降り注ぐと頭皮にダメージを与え、頭皮の保湿力が落ちてしまいます。
乾燥した頭皮からは皮脂が過剰に分泌してしまうため頭皮環境を悪化させる原因になってしまうのです。
また、髪の毛にも影響を与え、髪を保護しているキューティクルを破壊してしまいます。
このように強い紫外線は頭皮にも髪にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

さらに海に入ることで髪の毛に塩分濃度の強い海水が付着すると、その塩分によって髪の中の水分が奪われやすくなってしまい、髪にダメージを与えてしまいます。
他にも海水に含まれる塩分が毛穴に詰まってしまったり、頭皮の乾燥にもつながってしまうのです。
海水浴後に髪の毛を触るとキシキシと硬くなってしまうのは髪の毛の水分量が少なくなってしまっているからだと言われています。

■プールが危険な理由

屋外プールは海と同じように紫外線に気を付けなくてはなりませんが、屋内プールでは紫外線を心配する必要はありません。
しかし、プールに入ることで髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまう場合があります。
その原因となるのが、プールに含まれている塩素です。
プールには水を綺麗にするために、循環させて消毒を行っているのですが、消毒剤の中に塩素が含まれているのです。
塩素は海水と同じように髪の毛や頭皮の水分を奪ってしまう性質を持っています。
乾燥しやすくなっているせいで頭皮のバリア機能も落ちてしまうなど、髪の毛や頭皮にとっては良くないことばかり起こってしまいます。
もちろん楽しい場所ではあるのですが、薄毛を進行させたくないのであれば海水浴やプールに行った後はしっかり頭皮・髪の毛のケアを行うようにしましょう。

■疲れて寝てしまう前にしっかりと頭皮・髪の毛のケアを!

海水浴やプールで遊んだ後はどうしても疲れてしまって頭皮ケアをしっかり行わずに寝てしまうという方も少なくないでしょう。
しかし、これでは頭皮や髪の毛が痛んだままになってしまっているため、抜け毛が増えてしまい薄毛が進行してしまいます。
そうならないように、疲れていても帰ったらまずは頭皮と髪の毛をしっかりシャンプーで洗って残っている塩素や汚れを取り除き、リンスやコンディショナー、洗い流さないトリートメントなどで頭皮や髪の毛に潤いを与えることが大切です。
海やプールで遊びつつ、頭皮ケアをしっかり行えば抜け毛・薄毛の心配もせずに楽しく過ごすことが出来るでしょう。

ページ上部へ戻る