帽子をかぶりすぎていると頭皮に悪影響がある?

帽子で抜け毛が増える

夏場の暑い日差しや、冬場の防寒対策、時にはオシャレとして帽子をかぶる方は多いのではないでしょうか。
しかし、帽子のかぶり方も正しくかぶらないと頭皮に悪い影響を与え、脱毛を促進させるかもしれませんよ。
今回はその原因と防止策をご紹介します。

■帽子が脱毛を促進させる理由
帽子を長時間かぶる続けると、頭皮の湿度は高くなります。
いわゆる頭皮の蒸れを起こしてしまうのです。
頭皮が蒸れると皮脂の分泌が多くなり、毛穴に詰まる原因に繋がってしまいます。
さらに、フケやかゆみなどの症状を引き起こし、髪に必要な栄養も行き渡りづらくなってしまうことで、脱毛が進行してしまう恐れがあるのです。
そして、もう1つの原因として帽子をかぶる事で頭皮を圧迫してしまう事があります。
髪の毛は血液を通して栄養が行き渡り成長して行くのですが、帽子をかぶる少しの圧力でも血行を悪くしてしまう場合があるのです。
また、髪の毛を結んだ状態で帽子をかぶるとさらに圧迫してしまいます。

■帽子で脱毛の防止も可能
蒸れや圧迫によって脱毛を促進してしまうと説明しましたが、紫外線も脱毛の原因であり、帽子をかぶる事で直接のダメージを避けることが出来るので頭皮を守るには最適と言えます。
しかし、蒸れと圧迫を回避するには注意が必要です。
まず、自分の頭より大きく少しゆとりのあるサイズを選んでかぶる事で、圧迫を軽くする事が出来ます。
そして、蒸れ対策として通気性のある素材を選びましょう。
また、長時間野外にいる場合などは定期的に帽子を取り、頭皮や髪についた汗を拭き取る事で湿気を少なくし、蒸れにくくする工夫も必要です。

ページ上部へ戻る