外出が多い人は薄毛になりやすいのか?

帽子

薄毛になる理由は、加齢、ストレス、遺伝によるものなど、様々な複雑原因が絡んでいます。
ですので、単純に外出が多いからといって薄毛になりやすいとは断定出来ません。

ただ、外出のことだけで述べると、紫外線が薄毛と関係しているかもしれません。
外出すると、多かれ少なかれ紫外線を浴びることになります。
特に、太陽がカンカンに照っている時、外にいると頭皮がものすごく熱くなってしまいます。
このように紫外線にさらされると、頭皮が突っ張ってしまい、頭皮の毛穴が塞がりやすくなります。
この毛穴が完全に塞がると、発毛が止まってしまうのです。
紫外線を一時的に浴びたからといって、すぐに薄毛になるというわけではありませんが、日常的に浴び続けると毛穴が塞がってしまい、薄毛になる可能性が高くなります。
長時間外出する時は、紫外線に当たり過ぎないよう、帽子や日傘で頭皮を守ってあげることが大切です。
帽子は長時間かぶると頭が蒸れてしまいますので、通気性が良いものを選ぶようにしましょう。

なるべく紫外線に当たらないようにするのが良いですが、外で働く方や、どうしても長時間日中にいなければならない日もあります。
頭皮が紫外線にさらされてしまった場合、頭皮マッサージがオススメです。
頭皮マッサージは、硬くなってしまった頭皮を柔らかくする効果があります。
その他、頭皮用の化粧水もありますので、必要に応じて使ってみると良いでしょう。

外出が多いからといって、薄毛になるというわけではありませんが、外出時の紫外線対策を日頃から意識しておくと良いでしょう。

ページ上部へ戻る