乾燥肌になる原因はなに?

ニキビ

皮膚がガサガサに乾燥する乾燥肌に悩んでいる人は多いと思います。
乾燥肌になってしまう原因は様々ですが、主な原因をいくつかご紹介したいと思います。

まず、間違ったスキンケアです。
スキンケアは綺麗なお肌を保つためにとても大事ですが、間違ったスキンケアでは乾燥肌になってしまう可能性があります。

例えば、ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まって炎症が起きる症状です。
それを改善させるために、無駄に顔を洗い過ぎたり強い刺激で洗顔はしていませんか?
過剰の洗顔や刺激の強い洗顔料は肌の潤いに必要な皮脂まで落としてしまうので、乾燥肌へと繋がってしまいます。
さらに、洗顔後は化粧水や乳液、クリームで肌を保湿することも忘れないでください。

また、食事制限やバランスの悪い食事など偏った食生活も原因に繋がります。
皮脂は脂質によって分泌されるので、分泌を促すために適度な摂取が必要です。
さらに、肌の再生にはビタミンが必要なので、野菜も欠かさず食べましょう。
乾燥肌の予防として、バランスの良い食生活を心掛けることが大切です。

他には、元々の体質だったり、体調不良から肌が不安定になってしまうことも原因に挙げられます。

乾燥肌を改善させるためには、まず保湿を怠らないことが一番です。
そして、正しい食生活と睡眠をとるなど生活習慣を改善することで乾燥肌になりにくくなり、綺麗な肌を保つことができますよ。

ページ上部へ戻る