食生活を変えると育毛・発毛の効果が上がる?

食事

育毛剤を使っていてもなかなか効果が上がらない、苦戦しているという方も多いと思います。
育毛剤を使用することで頭皮に良い環境をもたらしてくれますが、他にも薄毛の原因となっているものがあると、せっかくの育毛剤の効果が発揮されにくくなってしまいます。
考えられる原因の一つとして、食生活が挙げられます。
食生活が薄毛を促進させてしまうようなものだと、育毛剤の効果も発揮されませんし、育毛剤代のムダになってしまうかもしれません。
そこで、今回は育毛・発毛の効果を上げるためには、どのような食生活に改善させると良いか、ご紹介していきます。

■育毛・発毛の効果を下げる?食べ過ぎ注意な食べ物とは

育毛剤使用時に、食べ過ぎに注意してほしい食べ物がいくつかあります。
それは、牛・豚肉などの動物性たんぱく質、バターなどの脂質、スナック菓子やインスタント食品などです。

まず動物性たんぱく質は、他の食材に比べて消化・吸収に時間がかかってしまい、内臓に負担が掛かりやすくなります。
また鶏肉よりも脂質が多い牛・豚肉は、脂質の過剰摂取にもつながり、頭皮からの皮脂分泌も過剰になりやすく薄毛の進行が進んでしまう可能性があります。
そのため、バターなどの脂質も摂取し過ぎると上記のような理由から薄毛の進行が進んでしまうかもしれません。

炭水化物は摂取することでエネルギーに変わりますが、過剰に摂取すると使い切れないものは中性脂肪として溜め込まれてしまいます。
これが結局皮脂の過剰分泌にもつながってしまったり、さらに血流を悪くしてしまうので過剰摂取は避けましょう。
特にインスタント食品やスナック菓子は、炭水化物だけでなく脂質も多く含まれています。

注意点として、これらは適度に摂取している分には何の問題もありません。
過剰に食べ過ぎると育毛剤の効果を下げてしまう場合があるので、食事の際に気を付けるようにしましょう。

■育毛・発毛の効果が上がる食べ物とは?

育毛・発毛の効果を上げるためにぜひ摂取してほしい食べ物は、大豆製品です。
大豆は畑の肉とも呼ばれているほど良質なたんぱく質を持っており、さらにヘルシーな食材として、様々な料理に活躍しています。
大豆の有名な成分としてイソフラボンという成分があるのですが、これが女性ホルモンのような作用をしてくれて、過剰分泌された男性ホルモンを抑制する効果があります。
さらに、毛根に直接育毛・発毛を働きかけてくれるため積極的に摂取したい食材の一つです。
緑黄色野菜などに多く含まれているビタミンAは頭皮や髪の毛の健康に、魚などに多く含まれているビタミンB群は髪の毛を作りだすアミノ酸の代謝に作用してくれるため、肉類を多く摂取している方は、魚や野菜中心の食生活を心掛けると良いかもしれません。
また、育毛に良い影響を与えると言われる亜鉛などのミネラルも積極的に摂取するようにしましょう。
多く含まれているのは、牡蠣や青魚、緑茶などがあります。

育毛・発毛に効果が期待できる食べ物を挙げましたが、大切なのは栄養バランスのとれた食生活です。
今一度、自分の食生活を見直して、改善できるところは積極的に改善させていきましょう。

ページ上部へ戻る