育毛剤・発毛剤を使用する時の注意点

育毛剤の注意点

脱毛の改善に良い育毛剤と発毛剤ですが、その効果を発揮させるためには正しい使い方をしなくてはいけません。
使用することにおいて、注意点をご紹介したいと思います。

まず、育毛剤と発毛剤では効果が違います。
育毛剤は頭皮の血行不良を改善し、育毛を促すことに特化した薬品です。
脱毛予防や初期の脱毛症状が出ている人にオススメします。

一方、発毛剤では男性型脱毛症に対して効果があり、血行不良による薄毛の改善と予防に期待できる効果があります。
そして発毛剤には、医薬成分が含まれているので医薬品と指定されているものが多いです。
初期の脱毛や症状が進行している人にオススメです。

そして、育毛剤と発毛剤どちらも使う時は頭皮を清潔にしておく事が大切です。
なので、育毛剤も発毛剤も頭皮の汚れや無駄な皮脂を落とした入浴後に使う事にしましょう。
入浴後には血行も良くなっているので、頭皮に浸透しやすくなっています。

そして、濡れている髪の毛では浸透せずに水分と流れてしまうので、髪をしっかりと乾かした後に使う事が大切です。
付けた後は、優しく頭皮マッサージをすることでさらに浸透を促すのでオススメです。
しかし、マッサージのやり過ぎは頭皮を傷めるので注意してください。
最後に育毛剤や発毛剤をつけたので髪や頭皮が濡れてしまっているので、再び髪を乾かして完了です。

また、運動する前に育毛剤をつける事も避けましょう。
運動で汗をかいてしまうと、せっかくの育毛剤と発毛剤が汗と一緒に流れてしまう可能性があります。

さらに注意しなくてはいけないのは、育毛剤と発毛剤の併用です。
2種類同時に使用すると頭皮に刺激を強く与えてしまいますし、浸透力も悪くなってしまいます。
そして、それぞれの成分同士の相性もありますし、頭皮や髪に悪い効果を与える可能性もあるので併用はオススメできません。

このように、育毛剤と発毛剤は症状によって使い分けることが大切になります。
しかし、育毛剤も発毛剤もすぐに効果が発揮されるわけではありませんし、地道ですが気長にケアを続けることも大切です。

ページ上部へ戻る