育毛・発毛対策で注意するべきこととは?

歳と共に脱毛にに悩んでいる人は多く、それを改善するためにいろいろな育毛を試している方は多いと思います。
しかし、育毛と発毛対策は、正しいやり方でないと返って脱毛を引き起こすリスクを高めてしまうかもしれません。
ここでは、育毛の注意点をいくつかご紹介したいと思います。

まず、脱毛防止にはブラッシングで血行を促進させるのが良いという話がありますが、これは間違った情報です。
本来ブラッシングは頭皮の中の埃を浮き上がらせたり、長い髪を束ねるための行為ですので結構促進の目的には当たりません。
さらに、柔らかい頭皮をブラシで刺激し続けると、皮下の細胞を傷めたり、最悪の場合破壊してしまう可能性があり、脱毛を引き起こしてしまう原因になります。
ブラッシングをするときは頭皮に近づけ過ぎず、優しい力でブラッシングするようにしましょう。

そして、シャンプーをするときにも注意が必要です。
脱毛の原因は皮脂にありますが、過剰に取り除いてしまうと頭皮は乾燥し、ボロボロになってしまいます。
だからと言って、頭皮が不潔なのいけませんから、洗浄力の弱い弱酸性のシャンプーで優しく頭皮を洗うことが大切です。

さらに、頭皮の血行の促進を促す頭皮マッサージですが、過剰に行うことはさけましょう。
確かに、頭皮マッサージによって血行促進に有効ですが、頭皮を指でマッサージすることにより、摩擦で皮膚の温度が上がったり、皮膚がすりむけてしまう恐れがあるのです。
そして、そのトラブルから皮膚を守ろうと防衛機能が働き、皮脂を増やしたり頭皮を硬くして脳を守ろうとします。
そうなると、新しい毛は生えにくくなりますし、生えている毛も退行していく原因にも繋がってしまうのです。

以上のことに注意し、正しいケアと対策をとることで脱毛予防や改善することができます。
しっかり育毛と発毛対策を行い、健康な髪を目指しましょう。

ページ上部へ戻る