育毛と発毛の違いを知っておこう

発毛と育毛の違い

育毛と発毛はよく聞きますが、それぞれの違いは何でしょうか?
文字からだいたいの違いは想像できますが、しっかりと違いを答えられる方は少ないかと思います。
今回は、発毛と育毛の違いをご紹介したいと思います。

■育毛について

まず育毛とは、現在生えている髪の毛を育てる事です。
育毛として使われる育毛剤は脱毛を予防したり、フケやかゆみを防いで健康で丈夫な髪を育てる目的に使用されます。
そして、育毛剤には天然成分を使っているものが多いので安全性も高いのです。
また、天然成分が頭皮の環境を正常に整えるので、薄毛の部分もしっかりと育ち薄毛改善の効果に期待が出来ます。
髪の毛のボリュームが気になった方や、抜け毛が多くなった方は育毛がおすすめです。

■発毛について

発毛とは、言葉とおりに髪の毛を生やす事です。
様々な原因で脱毛症になった場合、発毛剤で髪の毛を生やす事が出来ます。
その発毛剤は、髪の毛を生やし成長を促す司令塔である毛母細胞の動きを活性化させる事で、長い休止期にある毛根から再び発毛させて脱毛症を改善させる事に繋がるのです。
また、発毛剤は医薬品に分類されるものも多く、医療機関で処方される事も珍しくありません。
ですから、男性型脱毛症やストレスが原因な円型脱毛症などを発症している方には、発毛が良いです。

このように育毛と発毛は似ていても、ちゃんと違いがあります。
その違いをしっかりと理解しておく事で、自分の脱毛症状に必要なのは育毛なのか、発毛なのか判断する事が出来ますよ。
髪の毛のトラブルに悩んでいる方や今後の予防を考えている方は、この違いを参考にして正しい対策を取りましょう。

ページ上部へ戻る