AGA治療には専門クリニックが良い?それとも皮膚科がオススメ?

AGA病院

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが関係して起こる、男性特有の脱毛症です。
AGAは、専門クリニックはもちろんのこと、病院の皮膚科でも治療が可能です。
クリニックでも皮膚科でも、一般的なAGA治療はプロペシアやミノキシジルという薬を処方して行います。
残念ながら保険適用外なので、治療が長引けば長引くほど費用が高額になってしまいます。

クリニックと皮膚科どちらがいいのか迷ってしまいそうですが、それぞれのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

●専門クリニック

メリット

・AGAを専門にしているので薄毛治療の実績が多く治療技術も高いということ。

・専門クリニックにしかない特別な治療方法もあり、皮膚科に比べて手厚いケアが受けられる。

デメリット

・地方では近くにクリニックがない場合もあり、通いづらいこと。

●皮膚科

メリット

・皮膚科は全国各地どこでもあるので、家や職場から通いやすい。

・薬代や診察料などの総合価格は、クリニックに比べて安価なことが多い。

デメリット

・クリニックと比べ、薄毛治療の実績が少ないということ。

・薬のみを処方して診察が終わってしまうケースもある。

総合して考えると、病院の皮膚科は薄毛を専門に扱っていないので、効果の高い治療を受けられない可能性もあり、本気で薄毛改善したいのなら専門クリニックに行くことをオススメします。
通う頻度は1ヶ月に1度程度なので、遠方の人も月に1度程度の通院ならそこまで負担にならないと思います。
薄毛は放っておくと、どんどん進行してしまいます。手遅れになる前に治療を受けましょう。

ページ上部へ戻る