AGAは何歳から注意した方が良いの?

AGA何歳から

髪の毛が薄くなるのは、だいたい40~50代くらいからですが、AGAの症状が進み始めるのは、30代前後からが多いとされています。
近年では生活習慣の乱れや、ストレスなどにより薄毛が低年齢化してきています。
早い人では10代から髪の毛が細くなるなど、予兆が見られることもあるのです。

このようにAGA発症の年齢には個人差があり、症状の進行具合も人によって様々です。
どうして人によって発症年齢に差があるのでしょうか。

・遺伝によるもの

男性ホルモンと5αリダクターゼが結合することで、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成します。
つまり結合しやすい遺伝を持った人は、そうでない人よりAGAの発症が早いのではないかと推測されています。
ですので、族に薄毛の人が多い場合は早めに対策を取った方が良いでしょう。

・生活環境

生活環境の違いによってAGA発症には個人差が出てきます。
特に強いストレスを抱えている人や、不規則な生活をしている人は要注意です。
仕事や対人関係のストレス、暴飲暴食、睡眠時間がバラバラなど、これらの習慣は髪にとって大敵ですので当てはまる方は注意しましょう。

・ヘアケア

正しくないシャンプーや、髪のケアを怠っているとAGAが進行しやすくなってしまう可能性があります。
1日に1度、欠かさずシャンプーをして常に髪を清潔にしておきましょう。
育毛剤でスカルプケアをしたり、頭皮マッサージを行うのも効果的です。

若くしてAGAにならないためにも、日頃からセルフケアを行っていくことをオススメします。

ページ上部へ戻る