男性脱毛症を防ぐ対策はあるの?

:

男性脱毛症とは

男性の思春期以降に発症する、進行型の脱毛症のことを男性型脱毛症(AGA)と呼びます。前頭部の髪の生え際の後退や、頭頂部の抜け毛により地肌が見えやすくなる症状が一般的です。原因は遺伝や、男性ホルモンの影響によるものだと考えられています。
AGAの主な原因物質はジヒドロテストステロン(DHT)と言われています。5αリダクターゼという皮脂腺や毛乳頭に存在する酵素と男性ホルモンのテストステロンと結び付くことで、DHTという物質に変化し、この物質が男性型脱毛症(AGA)を引き起こしてしまいます。

対策方法

男性型脱毛症(AGA)を抑えるには、髪に良い環境を整え、薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑えることが大切です。

髪に良くない習慣は

・喫煙

・過度の飲酒

・偏った食事

・睡眠不足

・運動不足

・ストレス

などが挙げられます。これらが習慣になってしまわないよう、気を付けましょう。

また、亜鉛やノコギリヤシエキスには、DHT物質を作る原因となる5αリダクターゼの制御する働きがあります。
積極的にこれらの栄養素を摂取することをオススメします。
サプリメントから摂取することも可能です。

対策としては、頭皮ケア、栄養バランスを考えた食事や生活習慣の改善などが挙げられるでしょう。
出来ることから少しずつ始めていきましょう。

既に深刻な薄毛に悩んでいて、セルフケアを試みても改善が見られない場合、重度のAGAである可能性があります。放っておくと、更に薄毛が進行してしまいますので、専門外来治療を受けることを検討してみると良いでしょう。

ページ上部へ戻る