男性脱毛症はクリニックで治療できるの?

Allgemeinmedizin

30~40代にかけて増えていく脱毛症ですが、男性脱毛症の原因は男性ホルモンにあります。
男性ホルモンの変化は30~40代に起きやすいのですが、体が成長している段階の思春期にも変化は起こり、場合によっては薄毛や抜け毛になってしまう場合があります。
若い世代の脱毛症は、主にストレスなどで一時的なものだったり、遺伝だったりする場合がほとんどです。

そんな、多くの世代で悩んでしまう男性脱毛症ですが、専門クリニックで治療してもらうことができます。

まず、クリニックは育毛サロンとは違い医療機関なので、育毛サロンでは不可能な医療行為で脱毛症を改善していきます。
治療方法は内服薬と外用薬を処方したり、育毛や発毛の効果を促す注射などを行います。

主に処方される薬は、内服薬はプロペシアで外服薬はミノキシジルという薬です。
プロペシアには発毛効果があるファナステリドという成分が含まれており、購入するには医者からの処方箋が必要になります。
また、プロペシアとミノキシジルには互いの効力を補う効果があるので、同時に処方される場合がほとんどです。
しかし、薬なので副作用もあり、患者の体調や体質に合わせて処方が判断されます。

また、クリニックの受診をオススメする理由は、専門知識を持った医師が脱毛症の問診やアドバイスをしてくれるところです。
最初は無料カウンセリングから始まるので、悩んでいる症状を事前に把握し、治療内容をしっかりと説明してくれます。
また、問診や頭皮チェックもしっかり行うので、患者にあった的確な治療方法を提案とサポート面も安定しているので不安感も少ないです。

男性脱毛症に悩まれているのであれば、まずは専門クリニックの無料カウンセリングを申し込んでみることをオススメします。
早期に相談することで、薄くなった頭皮も昔のようにフサフサに戻すことができますよ。

ページ上部へ戻る