男性脱毛症はただの抜け毛と何が違うのか?

AGA抜け毛

男性脱毛症は男性特有の進行型脱毛症で、通常の抜け毛とは違いがあります。

通常の抜け毛は、男女関係なく起こることです。
原因は様々ですが、加齢による抜け毛であったり、過度なストレスによって円形脱毛症を発症してしまうこともあります。

一方で男性脱毛症(別名AGA)は、遺伝や男性ホルモンが影響しています。
男性ホルモンのテストステロンという物質が、5αリダクターゼという皮脂腺や毛乳頭に存在する酵素と結び付くことで、強力な男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)という物質を作り出します。そのDHTが原因となり、男性の抜け毛、薄毛を引き起こしてしまうのです。
DHTによってヘアサイクルが乱れてしまい、髪の成長が止まってしまいます。
通常の健康な毛が成長する前に抜けてしまい、十分に成長していない細く短い毛が多くなり、全体的に薄毛が目立つようになってしまいます。

AGAにならないためにも、生活習慣を整えたり、栄養のある食事を摂取する、ストレスを溜めない、育毛剤や育毛シャンプーでスカルプケアをするなど、日頃からセルフケアをして髪に良い環境を作ってあげることが大切です。
しかし、遺伝によりDHT物質の分泌が多い人は、薄毛が進行、加速しやすくなる傾向にあります。重度なAGAの場合、セルフケアのみでは防ぐことが出来ない場合もあります。
専門医療機関では、医薬品や発毛治療など効果の高い治療が受けることも可能ですので、検討してみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ戻る