男性脱毛症の進行はどのくらいの早さか

男性脱毛症で気になるポイントといえば、その進行速度です。
もしかしたら一気に進行してしまい、薄毛が目立ってしまうかも…と思われる方も多いでしょう。
しかし、実際の進行速度は年単位で進んでいくため、そこまで速度が速くはありません。
それは髪の毛のサイクルが関係しています。
髪の毛が生えるにはサイクルがあり、発毛しどんどん伸びていく成長期が4~6年、毛の成長が止まってしまう退行期が2~3週間、毛が抜けて新しい毛髪が生える準備をする休止期が数ヶ月掛かります。
男性脱毛症を発症してしまうと、4~6年あった成長期が段々短くなっていき、毛が成長しきっていない内に退行期・休止期に入ってしまうので、髪が薄くなってしまうのです。
発症したとしても成長期の期間が短くはなりますが、すぐに髪の毛が抜けてしまう訳ではないため、年単位で進行していくものと考えられます。

男性脱毛症の進行は基本的に一定ですが、これを生活習慣などの外的要因によって進行をゆっくりにすることも、逆に薄毛の進行をスピードアップさせてしまうことも出来ます。
なるべくゆっくり進行させたいという方は、生活習慣や洗髪方法を見直してみると良いでしょう。
他にも、男性脱毛症は早期に治療することで、髪の毛を再生させることが出来ます。
そのため、まだ薄くはないけど抜け毛が増えてきた、気になるようになってきたと感じたら、早めに男性脱毛症専門外来などに相談するようにしましょう。
さらに、育毛剤が有効な場合もあります。
育毛剤を使用することで頭皮や髪の毛に良い成分が働きかけてくれるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ戻る