男性脱毛症の治療薬プロペシアは副作用に注意

Hair Loss - Medical Concept.

プロペシアとは男性脱毛症に使用される治療薬です。
専門クリニックを受診すると、内服薬として出されます。

まず、プロペシアにはどんな効果があるのか説明します。
プロペシアは抜け毛を抑制し、薄毛防止が目的使用される薬です。
プロペシアを服用することで脱毛の原因を抑えることで、発毛と育毛を促すことができます。

しかし、服用してから数カ月で髪の毛が生えるのにも個人差があります。
プロペシアの効果を実感した人の割合を調べてみると、半年以内で改善した人は25%で、半年以上が50%という結果になりました。
一部の人は半年以内で改善が見込まれるが、大半が緩やかに改善されていき1年もすれば薄毛が改善されるのです。

このように、プロペシアには脱毛を改善させる効果に期待ができるのですが、長期に渡って服用しなくてはなりません。
そうなると気になるのは副作用です。

まず、プロペシアには頭痛や眠気、腹痛や下痢など一般の医薬品でもよく見られる副作用があります。
さらに、胃部不快感、頻尿といった消化器系の副作用を引き起こすことがあるのです。

そして、もっと注意しなくてはいけないのは性機能障害です。
プロペシアの副作用として、この性機能障害が最も見られる症状と言われています。
しかし、実際には服用しながらも子どもを授かった人もいますので、発症率はそれほど高くはありません。
また服用をやめることによって改善されるというので、副作用を感じる場合は医師と相談して一時的に治療を中止することをオススメします。

男性脱毛症を改善するためにプロペシアは必要な薬ですが、まずは健康が第一なので、しっかりと医師の診断を受けたうえで正しく服用しましょう。
正しく使うことで、脱毛を改善することができますよ。

ページ上部へ戻る