男性脱毛症には亜鉛が効果的

最近髪が薄くなってきたり、前髪の生え際が後退してきたり、朝起きると枕に抜け毛がたくさん落ちていたりしてないでしょうか?
その症状は男性脱毛症かもしれません。
そんな髪のトラブルを感じ始めた人は育毛剤や育毛シャンプーをすがる思いで使用を始めると思いますが、髪のトラブル改善に絶大な効果を発揮するのが「亜鉛」なのです。

なぜ、亜鉛が薄毛や抜け毛対策に効果があるのかというと、2 つの理由があります。

まずは、亜鉛には「ジヒドロテストステロン」の発生を抑える効果があります。
日本人男性の3人に1人が悩まされているという男性脱毛症の原因は、ジヒドロテストステロンにあると言われています。
ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンが5α-リアクターゼと呼ばれる酵素からの働きを受けたことで変化したものであり、これが毛根内で脱毛作用を引き起こすことによって男性脱毛症が進行していくのです。
ですが、亜鉛には5α-リアクターゼ酵素の働きを抑える作用があるので、結果ジヒドロテストステロンの発生を抑えることが出来るのです。

もう1つの理由は、亜鉛によって毛母細胞を活性化することができるからなのです。
薄毛や抜け毛の悩みとして共通な問題は、髪を作りだしている毛母細胞が弱体化していることが原因になり、男性脱毛症でも同じく毛母細胞は弱体化してしまっています。
しかし、ミネラルの一種であり、たんぱく質の合成に深く関係している亜鉛は細胞そのものを活性化させる働きがあるのです。
亜鉛の効果によって新陳代謝が良くなり、血液が毛根まで行き渡ることで毛母細胞が活性化するので毛の成長を守ることができます。

このことから、亜鉛が多く含まれている食材をとることをおすすめします。
しかし、亜鉛が多く含む食材としてゴマや牡蠣、牛肉のロースなどがありますが毎日取るのは難しいですよね。
しかし、サプリメントなら毎日手軽に亜鉛を補うことができます。
亜鉛をしっかりと補い、育毛促進へ活用しましょう。

ページ上部へ戻る