女性も危険?女性男性型脱毛症について知っておきたいこと

女性AGA

AGAは男性型脱毛症という男性特有の脱毛症ですが、なんと女性にも同じように男性型脱毛症に発症する危険性があることが分かり始めてきました。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは?

女性のAGAは、FAGA(Female AGA)と呼ばれています。
男性のAGAは頭頂部や前頭部が薄くなってきますが、女性のFAGAは髪が細くなり、全体的に薄くなっていくのが特徴です。
AGAは男性ホルモンが関係して起こるので、一見女性にとっては無関係のようですが、実は女性の体内にも男性ホルモンは存在しています。女性ホルモンの働きが弱まり男性ホルモンの働きが強くなると、薄毛の原因であるDHT物質が生成されやすくなり、その結果、FAGAを発症してしまいます。

FAGAの対策

女性ホルモンの減少がFAGAの原因となってしまいます。
よって、女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。
女性ホルモンは加齢によって減少していきますが、若くてもストレスや過度のダイエット、不規則な生活を送っているとホルモンが減少する原因となってしまいます。
ホルモンバランスが崩れる要因となる生活習慣は避けるようにしましょう。
バランスの摂れた食生活を送ることを心掛け、特に大豆製品に含まれるイソフラボンは女性ホルモンを増やしてくれる効果があるのでオススメです。
食事で毎日摂ることが難しい場合は手軽にサプリメントからも摂取出来ます。

FAGAについて知識を深め、発症しないよう日頃から出来るケアを行うと良いでしょう。

ページ上部へ戻る