どんな人が男性脱毛症になりやすいの?

男性なら一度は気になってしまう脱毛・薄毛の悩みですが、男性脱毛症(AGA)になりやすい人とはどんな人なのでしょうか。

まず、AGAの原因は男性ホルモンや遺伝が影響されていると言われています。
男性ホルモンのテストステロンが頭部の還元酵素である5α-リダクターゼがテストステロンを還元させてジヒドロテストステロンとなります。
このジヒドロテストステロンの影響により発毛の起点となる毛母細胞に、発毛を妨げる指示を出してしまうのです。
そのためAGAはこのジヒドロテストステロンが大きく関与しています。
遺伝と薄毛の関わりは未だにきちんと解明されたわけではありませんが、やはり父もしくは祖父が長い間薄毛に悩んでいたという場合には、その子ども・孫も少なからず影響を受けてしまいやすいと言われています。

AGAの原因には男性ホルモンや遺伝の影響以外にも様々な要因が複雑に絡まり合って薄毛につながっている可能性が高いと言えます。

・ストレス、睡眠不足
仕事などで過度なストレスが掛かってしまった場合、自律神経やホルモンバランスの乱れから、頭皮から皮脂が分泌されやすくなってしまいます。
皮脂が多く分泌されてしまうと、その皮脂をエサとしている頭皮にいる菌・マラセチア菌がどんどん増殖してしまいます。
マラセチア菌は皮脂を食べると分解して脂肪酸に変化するのですが、この脂肪酸が頭皮に炎症を起こしてしまうものになってしまうのです。
頭皮で炎症が起これば毛穴にもダメージが増えてしまい、抜け毛が増えていきます。
また、この脂肪酸はフケの原因でもあり、フケが出来ると毛穴に詰まってしまうことが多く、それが原因となり抜け毛が増えてしまう場合もあるのです。
ストレスは睡眠不足でも掛かってしまうので、十分な睡眠が必要です。

・食事
甘いものや脂っこいものばかり食べていると頭皮の皮脂量も増えてきてしまいます。
また、糖分の多い食事ばかりしていると、頭皮に糖化現象が見られるようになります。
糖化現象は老化の原因とも言われており、頭皮が硬くなってしまって環境悪化を招いてしまいます。

・喫煙
タバコを吸うことで血管が収縮されてしまい、血行の流れが悪くなってしまいます。
特に頭皮は心臓よりも上に位置しているため、元々血行の流れはあまり良くありません。
それなのに喫煙することによってますます血行の流れが悪くなってしまい、髪の毛や頭皮まで血液の流れでやってくる栄養が完全に行き渡らせることが出来ないのです。

これらの原因を改善させることも抜け毛を改善させる一歩となります。

AGAになりやすい人は、遺伝要素を持っている人ですがそれ以外のところも改善させていかないと抜け毛の改善も遠くなってしまいます。
AGAの遺伝要素を持っているか持っていないか確認したい場合は、病院で検査を受けるか自宅でも簡単に出来るキットを使って検査を行うようにしましょう。
ただ遺伝要素を持っていたとしても、必ずAGAを発症し薄毛になるわけではありません。
上記の要因も改善させながら治療をしていくと良いでしょう。

ページ上部へ戻る