更年期障害による抜け毛の改善法

更年期の抜け毛

更年期障害は閉経前の40代半ば~50代の女性に多く見られる病気です。
個人差はありますが、めまいや発汗、動悸、イライラ、抑うつなどといった症状が出たり、酷い人は起き上がることも困難で日常生活に支障をきたすほど不調になってしまいます。
もう1つ更年期を迎えた女性に多いのが、抜け毛や薄毛が気になってきたという悩みです。
実は抜け毛・薄毛は更年期障害が関係しているということをご存知でしょうか。
女性ホルモンのエストロゲンという物質は、髪の毛の成長を促進させる働きがあります。
更年期障害によりエストロゲンの分泌が急激に減少してしまい、これが抜け毛・薄毛の原因となっているのです。
髪が細くなったり抜け落ちてしまい、昔に比べ髪全体のボリュームが減ってしまったという方も多くいらっしゃいます。
既にお悩みの方も今はまだ気になっていない方も、更年期の抜け毛・薄毛を予防、改善するために今から対策を取るようにしましょう。

・イソフラボンの摂取

イソフラボンはエストロゲンと似た働きをする栄養素です。
大豆にはイソフラボンが含まれているので、豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品を積極的に取り入れるようにしましょう。
定期的に摂取するのが難しい場合は、サプリメントで補うことも可能です。

・頭皮をいたわる

自分に合ったシャンプーを使っているでしょうか?
今、使っているシャンプーをぜひ一度見直してみましょう。
シャンプーは自分に合ったものを選ばないと、抜け毛や薄毛につながる原因にもなってしまいます。
また、正しいシャンプーの仕方は出来ているでしょうか?
正しくないシャンプーの仕方で髪にダメージを与えているかもしれません。
行きつけの美容院で正しいシャンプー方法を聞いて実践するのも良いでしょう。
抜け毛の量が多く、気になるという方はシャンプーだけでなく頭皮マッサージをしてみましょう。
頭皮マッサージは髪の成長に効果があります。
優しく丁寧に指圧マッサージをしましょう。
頭皮はデリケートな部分なので、爪を立てたり傷つけないよう注意が必要です。
お店でプロの人にマッサージしてもらうと頭皮ケアと同時にリラックス効果も期待できます。

・ストレスを溜めない

ストレスが溜まると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。
ホルモンバランスの崩れは、抜け毛・薄毛の原因となるため、ストレスを溜めないよう心掛けましょう。
仕事や家事、子育てなど日々の生活でストレスが溜まってしまうことは仕方がないことですが、そのストレスが解消出来るよう自分なりの解消方法を見つけると良いです。
例えば、誰かに話を聞いてもらうだけでも共感を得たことでストレス解消に繋がります。
その他にも自分の趣味や好きなことを見つけて没頭する、旅行に行く、自分へのご褒美に欲しかったものを買う、おいしいものを食べるなど、探せば色々なストレス解消法が見つかるはずです。
とにかく1人で抱え込まずに、どんどんストレスを発散していきましょう。

今は抜け毛・薄毛が気になっていない方も、将来絶対そうならないとは言いきれません。出来れば若い頃のようにキレイな髪をずっと維持し続けたいですよね。
お悩みの方もそうでない方も今から予防・対策をしてみましょう。

ページ上部へ戻る