思春期の抜け毛はホルモンが原因?

抜け毛といえば、30~40代と中年になったあたりから始まるイメージがありますよね。
しかし、思春期でも抜け毛になってしまうことがあります。
それを脂漏性脱毛症といいます。

この脂漏性脱毛症の原因は、男性ホルモンの乱れから起きてしまいます。
思春期はホルモンバランスが非常に変化を起こしている時期と同時に、皮脂が多く分泌されてしまう時期でもあります。
中学生・高校生は、皮脂の炎症で起きてしまうニキビに悩むことが多くなりますね。
皮脂は過剰分泌は髪の毛にも悪影響を及ぼします。
特に頭皮の皮脂は体の中でも分泌量が多く、顔などと比べて約2倍の量が分泌されています。
思春期ではその皮脂の量もさらに増えるので、思春期でも抜け毛を引き起こす可能性は大きいのです。

とはいっても、よほどのことがない限り思春期で髪の毛が抜けることは少ないです。
抜け毛を気にするのなら、毎日シャンプーで頭皮を清潔に保つことで、抜け毛を防ぐことはできます。
しかし、洗浄力の強いシャンプーを使うと必要な皮脂まで洗い流してしまうので、中性・弱酸性のものを使うようにしましょう。

また、ストレスや生活習慣の乱れもホルモンバランスの乱れを大きくするので、体を動かしストレスを溜めずに、バランスの良い食生活と睡眠をしっかり摂ることが大切です。

ページ上部へ戻る